検索
  • 関 和也

静電塗装工程の改善 - 各種塗装は、㈱佐渡島テック

最終更新: 2019年11月28日

朝晩の冷え込みが、体に沁みる季節になってきました。


この時期は、体の方も冬支度が整ってないため、寒暖差によって様々な症状が体に表れたりしますよね?過ごしやすい秋(の気候)を感じる間もなく・・冬が来た様な近年の環境に、日本の四季の素晴らしさが、少しづつ失われてきた様に感じる時があります。


因みにカレンダーが示す節目と体感は、必ずしも一致している事は無いので、自分の体調を気に掛けながら、今の環境(寒さ)とうまく付き合っていく事が、とても大事ですよね。


※旧暦(太陰太陽暦)は、ご覧の通りですが、どうでしょうか?


 春: 立春 ~ 立夏前日;節分 (新暦 2月4日頃~5月5日頃)

 夏: 立夏 ~ 立秋前日;節分 (新暦 5月6日頃~8月7日頃)

 秋: 立秋 ~ 立冬前日;節分 (新暦 8月8日頃~11月6日頃)

 冬: 立冬 ~ 立春前日;節分 (新暦 11月7日頃~2月3日頃)


さて、今回は静電塗装工程(エリア)の有効活用について考えてみます。

弊社の静電塗装工程は、レシプロ静電塗装機(4ガン)と塗装職人2名で、日頃から品質向上に努めています。


ところが、、


その横に、既に動かなくなった旧型塗装ロボットが、塗装エリアの入口(言わば一等地)に居座っている事に、ちょっと前に気づきました。

いや・・

正確に言うと、気づいてない振り?をしていたという事が、近い表現なのかもしれません。

自分自身も だいぶ 時間と共に、見慣れた風景の一部として捉えてた・・とか

言い訳を交えたりしますが、違和感を感じなくなっていた事が、今を物語っている。と言うことには変わり無い話にはなります・・(-_-)zzz


これを今からでも撤去し、活スペースとして効率改善に寄与したいと考えており・・・やるやる詐欺にならない様に、ここで決意表明的な感じで、ちょっと載せてみました(笑)。


いまは、諸事情により詳細をお伝えできませんが・・・

いつかBefore Afterで、何がどう変化したかを、ご紹介できればと思います。


それでは。。

33回の閲覧

最新記事

すべて表示

経験を生かすということ

会社のシステムソフトウェアを更新する際に、いつも見ていて思うのだが、担当されるシステムエンジニアの苦闘には、頭が下がると同時に同情を覚える。 会社のコンピュータシステムの稼働は、財務、経理、総務、営業、管理など、あらゆる分野の専門的ルーチンがあるわけなのだが、それぞれの専門職でもないシステムエンジニアが、その体系の全てを矛盾なく関連付けて構築するなど、考えるだに至難の業だろう。 それぞれの問題点が