検索
  • 関 和也

生産革新-㈱佐渡島テック


”生産革新”という言葉に対して、皆さんはどの様な印象をお持ちでしょうか?

ちょっと、堅苦しさを感じたり、課せられた使命だったり・・面倒事の一つとして頭の中にインプットされていないですか?


関係する方々が納得する成果を出さないといけないとか?・・・ただでさえ、日々の業務で忙しいのにとか・・・”生産革新”の号令がかかる度に、何かとネガティブ思想が、頭の中を駆け巡ったものです(笑) ← 過去の事ですが。。


とは言え、、何度も試行錯誤を重ね、少しづつ製造ラインの効率を上げたり、時には魅せるラインを創造しながら、カタチや周辺環境を変化させていく事への喜び&達成感など、過去の歴史として記憶している事は、少しばかり喜ばしい事だったりもします。


小さな変化でも改善を重ねて、後戻りしない(させない)ことを意識しながら、ひたすら、継続実行していく事で、数年先の職場は変わっていく。

こう期待しながら、来年にバトンを繋ごうと思っています


※令和元年は、佐渡島テックの改革&変化の年となる様に。


これは、今年初のblogで、書いた言葉です。

”時間は有限”である事を、今更ながら痛感した1年となりましたが、環境を変えていく事の難しさと沢山の課題を持ちながら、来年も生産革新(生産性向上)活動に、社員一同全力で取り組んで参ります。


※百聞は一見に如かず  百見は一考に如かず  百考は一行に如かず ・・の変則版で、

【百考は一形に如かず】を是非とも、意識した1年となるよう、一枚岩の㈱佐渡島テックを来年も、よろしくお願い致します。

26回の閲覧

最新記事

すべて表示

経験を生かすということ

会社のシステムソフトウェアを更新する際に、いつも見ていて思うのだが、担当されるシステムエンジニアの苦闘には、頭が下がると同時に同情を覚える。 会社のコンピュータシステムの稼働は、財務、経理、総務、営業、管理など、あらゆる分野の専門的ルーチンがあるわけなのだが、それぞれの専門職でもないシステムエンジニアが、その体系の全てを矛盾なく関連付けて構築するなど、考えるだに至難の業だろう。 それぞれの問題点が