検索
  • 関 和也

未来のプレス部品と塗装 - ㈱佐渡島テック

最終更新: 2019年10月30日

今週、幕張メッセで開催されている2019-CEATECですが、本日までとなります。皆さんは足を運ばれましたか?


例年、各業界の最新技術が展示されておりますが、今年は2030年の未来「町」を創造した交通・インフラ・防災(都市機能サービス)、物流・販売・金融(商業サービス)、医療・娯楽・生涯学習(生活サービス)等、各業界のフロントランナーから、多様な情報を頂き、久しぶりに身の引き締まる時間を過ごしました(未来を想像する良い機会でした)


CEATEC内の数百に及ぶブースは、ほぼIT/IOT中心でしたが、個人的に印象的だったのは、N社の空飛ぶ自動車 と 公共事業と共に進化するS社の無人バスでした・・

一番わかりやすい出品物と言えます(笑)



どうしても仕事柄、筐体などのハードウェアに目が移ってしまうのですが、素材から入り、起型・プレス・塗装・Assemblyに、品質管理とコンプライアンスなど、10年後はどのような生産style、お客様へのサービスが望ましいか?


市場の動向とお客様のご要望に耳を傾けながら、仮説を立てつつ様々なことを日々構想し、進化させていく。これから姿かたちを変えていく商品&部品と共に、未来を創造しながら、製造方法やお客様サービスを改革していく事に取り組める ”ものづくり” は、仕事の幅や 深さも無限大であり、非常に面白いものかもしれません。

何事も ”気づき”から始まり、”実行力→改善(更新)”に尽きる。そして記録・・。

やはりPDCAなのですね。

61回の閲覧

最新記事

すべて表示

経験を生かすということ

会社のシステムソフトウェアを更新する際に、いつも見ていて思うのだが、担当されるシステムエンジニアの苦闘には、頭が下がると同時に同情を覚える。 会社のコンピュータシステムの稼働は、財務、経理、総務、営業、管理など、あらゆる分野の専門的ルーチンがあるわけなのだが、それぞれの専門職でもないシステムエンジニアが、その体系の全てを矛盾なく関連付けて構築するなど、考えるだに至難の業だろう。 それぞれの問題点が