検索
  • 関 和也

モノづくり精神(部品加工と組立)-㈱佐渡島テック

~久しぶりの更新~

緊急事態宣言が解除となりましたが、ウィルスとの戦いは、まだ続きます。

この先も長期戦・・と、覚悟しつつ、悶々とした毎日を乗り切っていきましょう。

現状況に不満を持ち、憤りを何処かにぶつけようとも、日常が望む形になりません。

この嘗(かつ)てない環境を受入れ、前向き姿勢で過ごせればと思います。

因みに・・・

想定外の難局を克服する力が、次なる飛躍の場を与えてくれる。

その原動力こそ引き継ぐに値する”モノづくり精神”である。という文言を思い返しました。


そう(古くから親しんだ言葉ですが)ピンチはチャンスでもあるのです

こういった時だからこそ・・


今までの過去に囚われず、知恵を働かせ、創意工夫する努力をしましょう。

小さな事でも、難しい事に挑戦して、成功の実感を体得するのも良い。

大切なのは、挫折、くじける事を恐れず、とことんやりぬくこと。

また、物事の本質を見極める努力をすること(または意識すること)

そして、その分野の最高を見る習慣を持つ事であると言われてきました。


いつか、満足する製品を作ることが出来れば、商品がセールスマンになる。

その様な時期が来ること。

また、手繰り寄せる努力をしながら、テックと共に成長していければと思う今日この頃。


そして・・残念ながら物事には潮時というものもあります。


仮に筋道通り、うまく事が進んでも、常にアンテナは高く、方向を見誤ってはいけない。

時代は繰り返しである事を、(良くも悪くも)時に考える事も大事です。


では。。

もうすぐ、梅雨時期に入りますので、体調管理に気を配っていきましょう。

48回の閲覧

最新記事

すべて表示

経験を生かすということ

会社のシステムソフトウェアを更新する際に、いつも見ていて思うのだが、担当されるシステムエンジニアの苦闘には、頭が下がると同時に同情を覚える。 会社のコンピュータシステムの稼働は、財務、経理、総務、営業、管理など、あらゆる分野の専門的ルーチンがあるわけなのだが、それぞれの専門職でもないシステムエンジニアが、その体系の全てを矛盾なく関連付けて構築するなど、考えるだに至難の業だろう。 それぞれの問題点が