検索
  • 佐貫寿樹

プレス加工業界昔語り - プレス加工は、㈱佐渡島テック

最終更新: 2019年11月22日

佐渡島テックがプレス加工の業界に参入した30年前は、オーディオセットなどの外装ケースは、まだ後塗装が主流であり、カラー鋼板をそのままプレス加工して製品化するという、今では当たり前の考えは、非常に斬新なものでした。

最新のデザイン、機能の機器に、美麗な縮み模様の黒いカラー鋼板のケースは、高級感を引き立てるすばらしいアイテムでした。 

そんな中で、最新の家電品を所有する喜びは、デジタル以前の世界では、メーカー間の技術力の格差が見えて、機器ごとのブランド力を確立させていました。 

そこに、いつの間にかデジタル化の波が忍び寄ってきたのです。 

デジタル化は、コンピュータという、デザインであったり、データ処理であったり、特定の機能に留まらずあらゆる機能を持ちながら、使う者の目的や意思がなければ、ただの箱という、冗談のようなマシンに隠れて何となく世の中に現れたのです。

デジタル化は、それまで家庭単位で所有していたホームオーディオやホームビデオの世界を、個人の手の中に納まるパーソナルオーディオ、パーソナルビデオに変えて行ったのです。

また、恐ろしいことに、アナログの時代にメーカー毎のブランド力を支えていた特長のある機器は、デジタル化の洗礼で、どこのメーカーが作ってもほぼ同じ水準の機器になるという、製品の価格破壊につながる強烈な罠も含んでいました。

佐渡島テックは、この時代までは、MDウォークマンやデジタルカメラ、液晶テレビなどの部品を受注することで、何とかフォローしていましたが、日本国内での数量のある案件が激減してくると、親会社を持つグループ組織は体力もあると判断され、どんどんシュリンクしてゆく家電業界から、早い時期に、建材、建築金物等の業界への方針転換を余儀なくされたのです。

25回の閲覧

最新記事

すべて表示

経験を生かすということ

会社のシステムソフトウェアを更新する際に、いつも見ていて思うのだが、担当されるシステムエンジニアの苦闘には、頭が下がると同時に同情を覚える。 会社のコンピュータシステムの稼働は、財務、経理、総務、営業、管理など、あらゆる分野の専門的ルーチンがあるわけなのだが、それぞれの専門職でもないシステムエンジニアが、その体系の全てを矛盾なく関連付けて構築するなど、考えるだに至難の業だろう。 それぞれの問題点が