検索
  • 関 和也

お客様への付加価値を考える - ㈱佐渡島テック

最終更新: 2019年11月28日

9月から10月にかけて日本列島に上陸し、雨風共に猛威を振るった台風15号と19号。

その傷跡を残す被災地域に置かれましては、今もなお復旧作業が続けれてると思います。

被災地域の一日も早い再建と、気力の回復をお祈りしています。


ここ塗装を担う岩槻工場でも、台風の影響はゼロでは有りませんでしたが、部品供給面で、お客様にご迷惑を掛ける様な事には至らず、その影響は最小限に留められています。

大嵐のなか工場を見回りに来た社員。。床下浸水を食い止めるため、雨水排出に精を出した社員あっての事であり、そういった行動の重なりにより、大きなダメージを回避できたという事でもありました。


自宅(家族)や近隣など周囲に目を向けつつ、会社まで気に掛けてくれた事で、多くのお客様(関係会社様)にご迷惑をかけずに済んだ事。会社のモノ(財産)を支えてくれた事。

まさに縁の下の支えとは、こういうことなのだと改めて感じています。


今日もまた、新たな塗装の仕事が入ってきます。

明日も 明後日も・・・、そして新たなサービスを付加したカタチで、これからもお客様にお届け出来たらと思います。


因みに、ここ最近は生産革新に関わる業務が、少しづつ多くなってきました。

生産革新とは、単に生産性向上(効率を上げる)だけでなく、安全にムリなく、品質維持(定量化作業)に向けた取組みが実現できるか?も、重要な検討項目となります。


どの様な生産条件(基準・標準)が望ましいか?実現性はどの程度なのか?

そこに無駄は発生しないか?そもそも、お客様の為になる中身となっているか?など・・


多角的にモノを見ながら、色々な課題(意見)を抽出し、ブレイクスルーを重ねていく事にchallengeし続ける。過去できなかった事が、これからは出来ることを前提としたロジック(論理的な考え方)に変わっていく事が、個人のみならず会社の成長に繋がっていくのだと考えています。


皆様から、様々なご意見あって成り立つことでもあります。

これからも、よろしくお願い致しますm(_ _)m

53回の閲覧

最新記事

すべて表示

経験を生かすということ

会社のシステムソフトウェアを更新する際に、いつも見ていて思うのだが、担当されるシステムエンジニアの苦闘には、頭が下がると同時に同情を覚える。 会社のコンピュータシステムの稼働は、財務、経理、総務、営業、管理など、あらゆる分野の専門的ルーチンがあるわけなのだが、それぞれの専門職でもないシステムエンジニアが、その体系の全てを矛盾なく関連付けて構築するなど、考えるだに至難の業だろう。 それぞれの問題点が